パーソナルスタイリストではメイクまですることがあります

パーソナルスタイリストがコーディネートした後で、お客様のメイクが洋服に負けてしまうことがあります。
その場合は、メイクも合わせた方が印象が良くなりそうです。
しかし、自己流のメイクにこだわりを持つ人も多いようですから、初回のカウンセリングで説明しなければならないでしょう。
こういったお客様の心理まで含めると、パーソナルスタイリストには高いコミュニケーション力が必要になってきます。
そのメイクを施すことで、どれだけステキになれるのかを説得できなければ仕事になりません。
相手の性格とパーソナルスタイリストとの相性によっては、クレームになってしまいそうです。
しかし、そのメイクで見違えるように美しくなれば、そのお客様をリピーターにすることが可能です。